« 動画掲載してみる | トップページ | 一息スコーン Part II »

2007/10/08

一息スコーン Part I

暑いのもラッシュも苦手ということで、この夏は早寝早起きのサイクルを定着させてきました。
夜におにぎりを作り翌朝出勤してそれを食べる、というパターンで先日も作っていたのですが、
十五穀米を炊いてラップで包んで冷蔵庫に収納。これでよしと…あれ?
「しまった!具を入れ忘れた!」急いでおにぎりを開いて具を入れて握り直しました|o(^^;
一応猛暑の季節も過ぎた様で、このサイクルも今後どうなっていくかな?という状態です。
今のところ何とか続いていますが。


071008a
071008b







この夏はジンジャーエール作りに目覚めてしまいました(笑)
きっかけは友人達と訪れた、ビーズ店もやっている(実はこっちがメインかも|o(^^;)こちらのカフェでした。
元々はワッフル目当てで行って、それは期待を裏切らぬ美味だったのですが、その時一緒に注文した
自家製ジンジャーエールがこれまた素晴らしくて、帰宅後早速作り方を検索。どうやら基本は
 (1)生姜をすりおろし鍋に入れ、同量の水と砂糖を加える
 (2)そこにシナモン、クローブ、唐辛子、その他お好みの香辛料を投入する
 (3)20〜30分程煮詰めた後、鍋の中身を濾過する(ジンジャーシロップの完成)
 (4)ジンジャーシロップを炭酸水で5倍程に薄める
ということらしいので、「唐辛子、お好みの香辛料」の部分で色々と試行錯誤してみました。山葵を丸々一本
すりおろして投入し出来上がった物を当日飲んだところ翌朝トイレでちょっと大変な事になったり|o(^^;
(因みに翌日以降に飲んだ場合は平気でした)現在の最新版は唐辛子にかんずりを使用し、山椒を加えた物です。


071008c
071008d







新潮日本語漢字辞典、買ってしまいました。発売予定を伝えるニュースを見て強く惹かれたもので|o(^^;
リンク先を見てもらえば分かる通り、訓読の熟語や日本の文献からの用例を中心に収録することで、
漢文を読む為の辞書である漢和辞典を日本語を読み書きする為の辞書にした、という辞典です。
辞書と地図はやっぱり紙の方が好きです。特にあてもなく眺めているだけでも楽しい。
その時の目的の情報を得るにはおそらく電子辞書やナビの方が早くて楽だろうとは思うのですが。
何故か猫達まで興味を示してきた様です(たぶん匂いを嗅ぎたかっただけかと|o(^^;)


071008e
071008f




ここでいきなり最近のお茶請けなどあげてみました。
まずはピカソルのスコーン。駅前のスーパーで入手できる事が判明し、時々買ってはクロテッドクリームと
メープルシロップを付けてお茶とともに堪能しています。因みに写真のお茶はアッサム(マランギ農園)です|o(^^)
そして次は港製菓の笹だんご。どうやら新潟から冷凍状態で運んできて、解凍した物を売っている様ですが
売場の人曰く「二、三日はもちます」と。一日で十個はたぶん無理なので助かりました…
ということでまずは三個程を加賀棒茶とともに|o(^^)

|

« 動画掲載してみる | トップページ | 一息スコーン Part II »

コメント

昨日はご馳走様でございました(^-^)/。
どうやら延々7時間くらい、3人でお茶飲んでおやつ食べてたようですよ(笑)。

件のお店のジンジャーエール、おいしかったですよねぇ!
またあのお店には行ってみたいものでゴザイマス。

かんずり・・・なんか以前そのことを日記に書いたら、えらいつっこまれようだったと記憶しております(笑)。
友人からはご丁寧にもかんずり柄の白の着物を着た、出刃包丁持った鬼の絵が送られてきましたが、
その後その友人はxkきえf;★さstり□0:f▲ls自主規制ました(^-^)。
頂いてきたシロップ、飲むのが楽しみです。またお茶会しましょう(^-^)/。

投稿: その日の友人その1 | 2007/10/08 12:25

先日はどうも|o(^^)本当に楽しかったです♪
あっという間の7時間でしたね(笑)
ワッフルとジンジャーエールの店、是非ともまた行きたいものです。
かんずりの件は…なかなかの反響でしたね(爆)
シロップはそこそこ辛味が効いているので適当に薄めて召し上がってください|o(^^;
次回のお茶会を楽しみにしております|o(^^)/

投稿: じゃく | 2007/10/14 02:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73283/16695540

この記事へのトラックバック一覧です: 一息スコーン Part I:

« 動画掲載してみる | トップページ | 一息スコーン Part II »